カードローンの利息を減らすために実践している自分なりの工夫を紹介します

ノンバンクのカードローンの利息に悩んでいました。

 

80万円を実質年率18.0%で借りていて、
この金利は法律の範囲内ですが
借入残高が大きいので利息がなかなか減りません。

 

そこで銀行のカードローンに乗り換えすることにしたのです。

 

銀行は審査が厳しいと聞きましたが、
ノンバンクへの返済は一度も遅れずに行っていたので、
信用情報は問題なかったのでしょう。

 

乗り換えをしたい旨を伝えて審査を受けたところ、
即日中に融資をしてもらえました。

 

実質年率は14.5%でしたから、3.5%も下がったことになります。

 

 

銀行スタッフは返済プランに関するアドバイスもしてくれて、繰り上げ返済を勧めてくれました。

 

繰り上げ返済の手数料は0円だったので、
約定返済額に加えて毎月のお小遣いの残額を入金したわけです。

 

さらにボーナス時にも多めに返済し、2年近くかかって完済できました。
繰り上げ返済をする前は、約定返済日のみ入金する方法で返済していましたが、
返済における元金充当額が少なかったのです。

 

利息で返済金の大半が食われてしまうので、借金があまり減らない状態でした。
繰り上げ返済をするようになってからは、
毎月1回は必ずカードローンの利用明細をチェックする癖もつけました。

 

いくら借金を返済したかよりも、いくら元金が減っているかチェックしたのです。

 

 

こうした工夫を取り入れることで、次第に借金は減っていきました。
カードローンの利息は主に金利で決まると考えていたのですが、
それ以上に影響してくるのは返済プランですね。

 

毎月多めに返済することは短期返済につながり、
それが利息を減らしてくれるのです。

 

80万円を完済したあとは、利息を増やさないための工夫として10万円の枠でやりくりしています。
80万円で契約をしたので80万円まで借りることができますが、
たくさん借りるほど利息が膨らんでしまうことを学習しました。

 

現在は10万円までしか借りないことを徹底しているので、
以前よりさらに利息を抑えられています。

 

ブラックでもお金が借りれる所